スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訂正です


昨日の記事ですが、正しくは「長期失業者支援事業」でした。
参照元はこちら。

長期失業者支援事業リーフレット(PDF)
http://www.mhlw.go.jp/za/0818/d10/d10-05.pdf

対象者は
・離職後一年以上を経過している方。
・60歳未満の方。
・雇用保険を受給していた方については、雇用保険受給終了後2カ月以上経過している方。
・公共職業安定所で求職活動に積極的に取り組んできた方。
・民間職業紹介事業者による支援の利用を希望する方。

で、民間の職業紹介事業者が支援してくださるそうです。

サービス内容が
・再就職の可能性を高めるためのカウンセリング、講習等。
・求人情報の提供、職業紹介等による就職の実現。
・就職後の職場(6か月以上)定着のためのサポート


支援機関は6か月だそうです。
別な資料によると、3か月で決まれば30万、6か月で決まれば15万の援助が職業紹介事業者にでるとかなんとか。
だから、仲介に入る事業者にもメリットがあるんですね。


厚生労働省どうもありがとう。
ホント、これで決まるといいなぁ。頑張れ彼氏。

*************************

彼氏に確認したところ、ちょっとうろ覚えなところがあるようなので、彼氏の言葉を参照した部分は削除しました。

*************************

【関連】
○緊急人材育成・就職支援基金
http://www.mhlw.go.jp/bunya/nouryoku/training/index.html
○長期失業者等支援事業(長期失業者)の概要(PDF)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/nouryoku/training/dl/training03a.pdf
○Yahoo!辞書 長期失業者支援民間委託
http://dic.yahoo.co.jp/newword?category=&pagenum=3951&ref=1&index=2004000143

長期失業者支援制度


というものが出来たらしいです。

長期失業者で、就労意欲が高い者(定期的にハローワークで就職活動を行っているもの?)が対象になっているらしく、彼がその対象者になりました。
詳しいことはわかりませんが、対象者を紹介したり雇用したりすると給付金が入るといった感じでしょうか?それと、対象者のサポートなども含まれるようです。


一人でハローワークに行けず、付き添いして行っても冷や汗をかきまくったり疲労が半端なかったりと自律神経系の異常をきたしていた彼が、最近は割と一人でハローワークに行けるようになりました。
それもまぁ成長だと思うのですが、紹介してもらってもことごとくダメで、少し気分が滅入っていた私達には、これは割と朗報です。
だって、微々たるながらも精一杯の今までの行動が、無駄ではなかったのですから。「意欲的に就職活動をしている」と認められ、支援の対象に入れただけでも、これはこれで、成果だと思うのです。

なんかね。やっぱ不安でしたから。
自分のやってることは無意味なのかなぁとか。
なかなか時間を作れないでいると、彼もあまり自発的には動きにくいですから、最近は全然何もしてあげられないでいるなぁと思ったりとか。
最近は自分自身も厳しい状況で、自己嫌悪に陥ったりとか。
そういうのが、意外な形で報われたなぁと。


ただ、最近は私がしんどい状況だというのをおもんばかってか、割と彼が自発的に動くようになってきたんですよね。
いきなり「昨日ハロワで紹介してもらったところに書類送ってきたー」とか連絡が入ったりw
アンタいつの間にハロワ行ったの!?と驚かされることも出てきました。
慣れたわけじゃないんですよ。相変わらず冷や汗は止まらないのに、一人で行ってきたという話を聞くと…もうね。胸が詰まります。


この支援制度が功を奏するといいなぁ。

痛いニュースの記事を見た


10年間引きこもっていた男性が一念発起して就職活動を始め、それに対しての応援の数々…という記事。


に、対する罵倒。



…。




うるさあああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁい!!!!




ポジティブに!
考えてれば!
なんだって!
叶う!!



根拠はないけどねッ!!!!




30代で就活なんかしたって無理?
就職氷河期だ?


うるせぇよ。
それでも、私は彼を支えるんだよ。
彼が諦めない限り、私も諦めない。



いや、彼が諦めたって私が諦めない。

お芝居と彼氏


お芝居の公演が終わりました。

でも、もう8月には次のをやるつもりです。
それも、昔からの夢だった、自分の劇団、自分の脚本で。

以前に彼氏にその話をしたときは、
手伝って、って言ったら「そのときは」みたいなこと言ってくれたのに、
昨日話をしたら、「自分が手伝えることなんかないでしょ」って言われた。
毎日稽古にも行けない。
セット作りを手伝えるわけでもない。
彼がこっちに来たって、私が泊めてあげられるわけでもない。
それでも、前は割りと、積極的に参加したいって言ってたのに…

私が芝居にのめりこむほど、彼の気持ちが離れていく気がする。
ううん、違うのかも知れない。私の気持ちが離れてしまっているんだろうか。
それを察しての、態度なんだろうか。

彼を支える、って、決めてたのに。
ぜんぜん、それはままならず。

でも、やるだけのことはやったと思う。
出口の見えない愛よりは
結果の見える芝居のほうが、確かに遥かに達成感はある。

「自分で立ち上げてやるんなら、芝居のせいで会えないとか言わないでね」
そういわれた。
確かに正論。
でも、なんでかな。その言葉は、急激に私の心を冷やした。

あなたは、私を支えてはくれないのかな。
あなたを支える私にしか興味はないのかな。
お芝居ばっかりしてる私は、イラナイ?

それとも、逆?
私が芝居に夢中になってしまって、彼が見えなくなってるの?

近況


おひさしぶりです。
12月からおとといまで私もニートしてました。
家にいるとブログを書くのが面倒でたまりませんでした。
つーか書いてませんでした。
なんかもう、私の中でブログとは仕事をサボって書くものになってるようですw

…だめじゃんorz

新しい職場へは高速バスに乗って通います。
母親にあきれられました。

彼氏は未だ大絶賛ニート中です。
先日、自分と彼氏の現状に悲観して八つ当たりしました。
直後に大後悔。
一番辛い現状にいる人に何してくれちゃってんの私。
思い直して、また二人でハローワークに行きました。
とにかく、どんな会社でもいい。派遣でもいい。社会人としての経験がほしい。
彼はそういいます。
んんん…でも。
それは私と一緒にいたいからそうするの?
自分の意思はどうなの?
…そんな、彼を助けると決心したときに割り切った気持ちが、また胸でくすぶる。
彼自身は、どうありたいの?

所属してる劇団(演劇サークル)の公演が近づいてきています。
今回私は準主役。
大体覚えたけど、初心に戻ってバスでの移動中に、脚本を読み込んでみました。
そうすると、もっと動けるんじゃないかって部分が見えてきた。

迷走している私と彼。
いろんな角度から道を模索してきたけど、そのたびに行き詰る。
でも、でもどこかに道はあるはず。
あきらめない。ぜったいあきらめない。
あきらめるなんて選択肢は、ずっと前に捨てたんだ。
どんなにヘタレで、どんなにニートで、どんなに嫌韓で、どんなに右側思考でも。
それでも、彼は私の大事な人。

前ページ | きみは、にーと。ホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。